【第一話】とっても短い小さな川と『キッチンまんまる』

まるとおじいさんと10匹のネコ —『キッチンまんまる』物語 —


とても短い小さな川

 そのあたりにすむひとさんするときがいいまだれわすれてしまって、くるまちかくをとおっても誰もづかないはばはちけん※ほどの小さな川。今ではほとんど水もながれていないこの川は、この川より大きな二つの川のお母さん。江戸のしょうぐんさまが二つの川をつくとき、せきめられて短くて小さな川になったんだって。将軍さまが水をせき止めたためにりょうがんむらみずあらそまいとし毎年おおさわぎ。将軍さまのだいおわわり、大きなせんそうが終わって川のまわりにたくさんのいえつようになって、水争いはくなったけど、いつのまにか小さな川はみんなからわすられてしまったんだって。

pic_maru_001 そんな小さな川のほとりに、とっても小さなりょうきょうしつがオープン。「なんでそんな忘れ去られた小さな川のほとりに料理教室を作ったの?」って。だって小さな川のきしむかしのまんま。ぜんていぼうの上にくぬぎしいなど大小様々だいしょうさまざまがおおいかぶさってとってももちちよくて、みどりっぱのしたちゃいろつちの上をちょろちょろかけけっこするのが僕大好きなんだもん。僕のことを大切にしてくれるこのおうちのお父さんとお母さん、この小さな川と岸辺のもりたとたん、このほとりに家を建てることにしたんだって。僕がよろこぶからかなぁ?


Be the first to comment

コメントはこちらに

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください