鮮やかな目にも美味しい夏の紫蘇ジュース

【保存食】紫蘇ジュースのレシピ


初夏、青梅が出回る頃に一緒にお店に並ぶことの多い赤紫蘇。梅干しに混ぜるだけでなく、紫蘇ジュースはいかがでしょうか?シロップとして作るので、一夏楽しめます。ちょっと遅くなってしまいましたが、地方によってはまだ出回っているところもあるかもしれませんので、一般的なレシピをご紹介します。私は炭酸水で割って飲むのが一番好きです。

紫蘇ジュースの飲み方

このレシピで作る紫蘇ジュースは水か炭酸水で4、5倍に薄めて飲んでください。紫蘇はポリフェノールやカロチンも多く含まれ、アレルギーにも効果があるとされています。何よりも夏の暑さも吹き飛ぶような爽やかさ。何回か作っておくと、夏中楽しめますね。

おいしそうな紫蘇の葉っぱ

Siso_Juice_10727
Siso_Juice_10732

紫蘇ジュース

葉っぱだけ枝からはずしてよく洗い、沸騰したお茹で煮出して、グラニュー糖とお酢を加えるだけの簡単レシピで、この夏の午後の楽しみが一つ増えます。4倍ぐらいに水で薄めて飲んでくださいね。
下準備20 mins
調理時間20 mins
合計調理時間40 mins
分類: Drinks, 夏の飲み物
種類: Japanese, 日本食
キーワード: Red Shiso, しそ
皿数: 20 杯分
カロリー(1人前): 100kcal
執筆者: satokosan

材料

  • 200 g 赤紫蘇の葉
  • 500 g グラニュー糖
  • 1 リットル

作り方

  • 赤紫蘇は茎と葉を分ける。使用するのは葉の部分のみ。
  • 葉はボールに入れて丁寧に水洗いをしてザルにあげておく。
  • 鍋に分量の水を入れて火にかけて、沸騰したら赤紫蘇を投入する。しばらくしたら葉は赤色から緑色に変わるが、そのまま5分位煮出す。
  • 5分煮出したらザルでこす。紫蘇はぎゅっと絞ってかまわない。
  • 煮出し汁を鍋に戻して、中火にかける。グラニュー糖を何回かに分けて投入。よくかき混ぜてそのまま10分。
  • 10分したら、最後に分量の酢を入れる。
  • 酢を入れたとたんに煮だし汁はあざやかなルビー色にかわります。火から下ろして余熱をとったら消毒した瓶に入れて保存。常温で4ヶ月、冷蔵保存で1年保存可能。

Notes

※カロリーはコップ1杯分200mlです。

なに作ってるの?/(◉●◉)\

わたしが何か作り出すと、僕もお裾分けもらえるかな?って下からいつも見上げてる我が家のまる。今日のは君は飲めないよ……。悪いおじさんが、頭真っ赤にしちゃおかって狙ってるから気をつけてね!