動物愛護団体から家族を迎えるという選択

一般社団法人【ランコトレ・ミグノン】を紹介します


 新しい家族をマッチングするのがミグノン

年間30万匹近い動物たちが処分されている一方で、今日もペットショップで何十万円もの大金を出してペットが新しい家族の元へ買われいきます。たくさん殺されている現実があるのに、一方では高いお金を払って犬猫を買う人がいる。だったら心やさしい新しい家族を犬や猫たちに見つけてあげられたら、ペットを希望する家族にぴったりの子を紹介できたら。そうすれば、殺される動物が減っていくというアイデアから生まれたのがこういったミグノンなのでしょう。

私達が友森さんと同じ行動を起こすことは難しいでしょう。しかし、私達にできることは確実にあります。ボランティアとして参加することもそうですし、ショップを利用して間接的に支援することも可能です。また、ペットを飼う予定の人が大金を払って買うことをせず、愛護団体から譲渡してもらうという選択に変えることです。これなら、ちょっと方向転換するだけで私達にもできそうです。買うことから、譲渡される道を選択するだけで、結果的に殺される子が減らせるなんて、ほんとうに素敵なことだと思います。

ミグノンでは譲渡会が毎月2回、第2日曜日と第4土曜日に開催され、犬や猫と家族のお見合いが行われます。良い出会いがあれば1〜2週間のトライアル期間を経て、問題がなければ譲渡契約を行ない、新しい家族での犬や猫たちの暮らしが始まるのです。

譲渡の費用については「避妊去勢手術、マイクロチップ、ワクチン、狂犬病、血液検査の実費を上限3万円でご負担頂きます。その費用は次の保護動物に使わせて頂きます。」とミグノンのサイトに書かれていました。

新しい家族を譲渡で迎えるメリット

しかし、メリットは何も動物の命が救える、ということだけではありません。愛護団体の人たちは譲渡にとても神経を使います。犬猫を飼っても良い住居に住んでいるか、家族構成はどうか、アレルギーのある子供がいないか、経済的なことは大丈夫か(動物は餌代はもちろん、定期的なお手入れや、病気の際の治療費など、お金がかかる。)そういったことを聞いた上で譲渡するかどうかを決めます。

動物譲渡の際もきちんと家まで届け、トライアル期間を経て正式な譲渡になります。欲しい人に売るというのが目的ではなく、動物達 に新しい家族をみつけるのが目的ですから、きちんと確認をするのです。

しかし、それは裏返してみれば、譲渡される側にとっても的確なアドバイスをもらえたり、相談にのってもらえるという大きなメリットになります。ペットショップは販売が目的ですから、なかなかそこまでは言ってくれません。

また、ある程度成長してからの譲渡の場合は、性格も見極めた上で譲渡されるので、基本的なしつけができている場合も多く、相性も見極めやすいです。ペットを飼うのがはじめての人もこれなら飼いやすいのではないでしょうか。買ってしまった後で、こんな筈ではなかった、というリスクを避けることができます。

新しい家族を迎える気構えが出来る

一度不幸にあった子たちを迎えるのですから、もう二度とそう行った目に遭わせたくない、当たり前に思う気持ちですね。こういったことを考えて学んでから、新しい家族を迎えるのですから、私たちにも気構えができます。ミグノンの動物たちを迎えるとそういったメリットがたくさんあると思います。

次のページへ