ロールスクリーン、作っちゃいました!

【DIYでコストダウン】誰にも簡単ロールスクリーンの作り方 【2019年6月改訂】YouTube版もできました!



映像版「ロールスクリーン、作っちゃいました!」が完成。楽しく分かりやすい動画です【可愛いワンコが解説】


ロールスクリーンの部品を購入

①部品をebayで購入する。

ロールスクリーン の金具
Repair Tool Kit for 25mm Tube
of Roller Blinds Shades
with Clutch Bracket Beads Chain

海外の通販サイト、ebayで「ロールスクリーン」と検索しても何もヒットしません。「ロールカーテン」という人もいますね。どちらも和製英語です。“roller blinds shades”です。これで検索すると、写真のような製品が見つかります。この記事を執筆している時点での価格は400円前後。日本で見ているとJPYで表示されるので、わかりやすいです。

25mm用は下記のパイプ家具のイレクターパイプがぴったり合います。28mm用は壊れやすいのと、ピッタリ合うパイプがないので、お勧めしません。

金具はこちらで

https://www.ebay.com

「Roller Blinds Shades Clutch Bracket Bead Chain Repair Tool Kit for 25mm Tube」と検索。英文間違ってますが、こちらで検索しないと、別の商品が混ざります(動画はコピペできないので、正確な英語で表記してます)。

②パイプはイレクター

イレクターパイプ

パイプはホームセンターで売っている、イレクターというパイプ家具のφ28のパイプ。ホームセンターによく行ってる方は多分、見た事あります。ああこれかぁ!って。分かると思います。

Amazonでも配送料がかかりますが、買えます。長いものなので届けてもらうのは助かりますね。このイレクターのパイプはパイプカッター(アマゾンで1,000円ぐらい)を買うと自分でも切れます。

このパイプ、しっかりしているので、長くても歪んだりしません。なので、ロールスクリーンにぴったりです。この組み合わせが一番作りやすいです。

③布を買ってくる

2014年、カーテンの布って、どこで買うの?と考えたとき、布なら西日暮里だろ!ってことで、行ってみました。[カーテン生地専門]というお店を見つけて入ってみました。僕がお店で布を探してきょろきょろしてると、家内が「ロールスクリーン作りたいんですけど、生地ありますか?って聞いたら、ロールスクリーンの手作り無理だって言われた!」ってちょっと困った顔してやってきました。「当たり前やん。お店の人は無理って言うのわかってるから、さっきから自力で探してるんやん!」と言うと、「そうなの?」と奥様。

検索かけてもこれだけ部品が日本で見つからないという事で、多分言われるだろう事を見越してました。やっぱりなというところです。自作の記事もほとんどないのがその証拠です。

それから4年、購入したカーテン生地専門のお店でも、今回は幅の合う生地が見つからない、どうしよう!ということで、いろいろ探して歩きました(トマトでは冬に合う生地はあったのですが、25mmパイプ用だと、重すぎるかもと思って、現在保留中です)。

我が家が購入したお店はネット販売もしてます。今回は見つかりませんでしたが、良い生地が買えるお店です。日暮里のトマト、卸ですが、一般の人も購入できます。

我が家は失敗を覚悟して、一番安い布を購入。確かにいろいろ失敗したのですが、とても制作費が安いので、次の冬には新しいものに取り替えるぐらいのつもりで作ってます。失敗は大成功の母です。

ちょうど良い生地を売ってるお店発見!【追記】

VC's
VC’s 三郷店(スーパービバホーム三郷店2F)

何軒かの手芸屋さんや生地屋さんなど回ったのですが、やっと幅広い生地を数種類置いてある“ヴィシーズ三郷店”を見つけました。スーパービバホーム三郷店2階のこのお店、子供の工作から陶芸、アンティーク、手芸や洋裁など、様々な趣味の用品を手広く扱っているお店です。

そこの生地コーナーに幅広の生地が置いてありました。幅約160cm(-5cmぐらいまで)の生地って、なかなかないんです。こちらではエプロンなどの手芸用として紹介されていました。

平織りの布
平織りオックスの厚め

お店の方に生地の名称を確認したところ、平織りオックスの厚めだそうです。クッションやエコバッグなどを手芸で作るときに使う生地です。今回は動画で使ってる、二つの柄を買ってきました。うさぎ柄は別のバージョンを作成予定です。

見つからなかったら、裁断コーナーへ行って、担当者に聞くと早く見つかると思われます。

超強力両面テープがおすすめ

両面テープ
超強力両面テープ

部品というほどでは無いけど、必要な材料が両面テープ。様々なメーカーから色々な両面テープが販売されてます。超強力と表記のあるタイプのものがおすすめです。強力、ぐらいだと、布が張れない場合が多いです。布って、通気があるので、普通の両面テープだと力が足りません。20mm幅で長さ20mぐらいのもの一巻きは使います。予備にもう1本買っておくといいです。