クロスバイク de ママチャリ

クロスバイクdeサイクリング -家族でクロスバイクを楽しもう!-


-前カゴ取替えシステム-

スーパーの自転車置き場のたくさんの自転車。普通のママチャリか電動ハイブリッド自転車がほとんど。あさりおんがお勧めするのは、クロスバイクdeママチャリ、実はコスパが良くて、主婦の活動範囲が増えて、健康にも貢献するクロスバイク。ママチャリとしてとってもお得。2年前にクロスバイク de ママチャリを導入した我が家の奥さま、今日も近所のスーパーをハシゴして、あっちの安いところ、こっちの安いところと、毎日10km以上、自転車走らせてます。2年で、もう元とった!って喜んでいるやらいないやら…。

クロスバイクのママチャリ化プロジェクト!
前カゴ取替えシステムは超便利!

やっと見つけた前の自転車の写真
やっと見つけた前の自転車の写真

我が家の奥さま愛用の15年物のママチャリ、ブレーキは効かない、ギヤもフレームもギシガシ鳴り響いている。数年前に、カゴ底が抜けて買い換えたよね。本体もそろそろ買い換える?ということとなり、ママチャリ検討。近所は平地が多いから、多分距離走れるよ。前より少しお値段高くても丈夫なのにしようよ!という話に…。


  夫 「クロスバイクの方が、楽だと思うよ」
  妻 「乗りにくそうで嫌」

  夫 「クロスバイクの方が、楽だと思うよ」
  妻 「乗りにくそうで嫌」


このカラー2019年モデルからは販売終了です

このスパイラルがず〜うっと続くと思っていたら、ある日、そんなに言うんならクロスバイク見に行こう!という奥さまの一言で、いろいろ探し歩き、試してみて、見つけたのがライトウェイのシェファードシティ。

乗り心地はもちろんであるが、マットなシルバーグレーに猫のイラストが気に入ったそうである。そう言いつつも、凝り始めると研究熱心な奥さま、ギヤはブレーキは…と、カタログを見て、他のメーカーと比べて、この価格で、これならお得よね。とこれに決定。旦那としては、約束通りこれをママチャリ化しなければならないから、そこからが大変であったそうな…。

我が家のママチャリに必要な要素

ママチャリといえば、と奥さまに聞いて、上がったのが、次の4つ。


  1. 買い物の時、たっぷり入るカゴ
  2. サイクリングの時は/(◉●◉)\(まる:わんこ)が乗る。
  3. 夜はライトが自動で点灯
  4. チェーンなど外れる鍵は面倒。ママチャリと同じ自転車についてる鍵。

上記4つの条件をクリアさせることが、旦那に与えられた至上命題となったのであります。ライトウェイを扱っている自転車屋を数件あたり、値段とサービスで選んだ店で相談したところ、鍵は普通につくことがわかり、条件4はクリア。

また、アマゾンで検索して、夜間自動点灯のパナソニックの電池式のライトが見つかり、取り付け金具もアマゾンで売っていたので、そちらを購入。条件3もクリア。

ただし、このライト、夜の風で点灯。電池の消耗が早い。後日、USBライトを別途購入。遠くに行く日にはそちらも持って行くことに…。

前カゴ取り替えシステム

1と2の条件で、いろいろ考えて完成したのがこの前カゴ取り替えシステム。シチュエーションでいろいろなバージョンに変形。合体ロボみたいで、かっこいいでしょ!

このシステムを作るために必要だったアイテムはこの3つ。

買い物カゴとドッグキャリアを取り付けれるフレーム

買い物の時は大きなかご、サイクリングの時はドックキャリア、ということで、どちらでも載せられるキャリアフレームを取り付けることに…。で、いろいろ探してアマゾンで見つけたのがこれ。ADEPT(アデプト) キャリア トラス ポーター ラックです。丈夫で大きなカゴも取り付けられるのが気に入りました。

キャリアにピッタシの大きなカゴ

各商品の詳細はクリックしてアマゾンで…

同じくアマゾンやショップサイトでいろいろな自転車のカゴを見て回ったけど、帯に短したすきに長し、しかも、ちょうネジかボルトとナットで取り付けるものばかりで、いちいちめんどくさそう。どうしよう?と思ってて出会ったのが、無印良品のステンレスワイヤーバスケット。

このカゴ、ほぼ直角の立方体。しかもアデプトのキャリアに合わせて作られたかのようにぴったり。自転車専用のカゴよりも使いやすい。ただ、卵が割れるので、我が家は衝撃吸収材を間に挟むことに。それでも卵はリュックの中に入れるようにしてる奥さま。

カゴとキャリアを取り付ける
フック付きのゴムバンド

これをホームセンターで見つけた鍵付きのゴムバンドで留めるというアイデアを思いついたのであった。カゴの長辺と短辺をクロスでキャリアフレームに取り付ければ、簡単に外して機能を変えることができるのである。

ついにママチャリになったクロスバイク

ライトウェイのシェファードシティには前輪を支えてるフロントフォークの先にカゴを取り付けるネジ穴が刻んであるので、簡単で確実にキャリアフレームが取り付けられる。

グレードの高いバイクだと、穴のない車種も多いので、その場合は金具(右)が必要に、どうしても少し荷重に弱くなる。自転車を選ぶときにこのネジ穴のあるなしの確認を…。


以上が2年前の話。サイクリング動画を作っていて、思い出して書いてみました。
こちらの動画も見てねぇ!
愛犬まると/(◉●◉)\の大好きな水元公園へサイクリング。このあと柴又、亀有と続きます

次ページでは“クロスバイクdeママチャリ”の
メリットデメリットを紹介


Be the first to comment

コメントはこちらに

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください