自然栽培の先輩を訪問。森と小川沿いの素敵な農園でした。

【まんまる散歩】僕の大好きな草いっぱいの自然栽培の畑だよ!by /(◉●◉)\


最後にまるの様子をパチり

まんまる散歩なので最後に畑に来たまるの感想も聞いてみます。
「ここの草、やわらかくて美味しいよ。ちょっと幸せ」だそうです。
本当に言ってるみたいでしょ!

我が家の畑では燕麦にオシッコかけるだけで、ほとんど見向きもしないでサッサと家に入ってしまうまるですが、ここは草いっぱいなのが気に入ったのか、滅茶苦茶笑顔に見えます(ただ単にまぶしくてこんな顔してるだけかも……)。

美味しそうな草をいっぱいむしゃむしゃしてました。実は野の草花が好物のまる。便秘の時や下痢の時など、薬草として食べてるようですが、ここの葉っぱは調子の良い時も食べたくなる味だったそうです。草好きなんですこの犬。

「美味しかったよ!」 by/(◉●◉)\

SizenSaien_50092

帰ろうとして一段高い畑に上がろうとするとまるが何か見ている。ニワトリがいるのを見て、追っかけたいのかも。

鶏肉好きのまる。前にも池の鴨を見て追いかけたことあるから、もしかしてこの肉って知ってるのかなぁ?意外と野生児です。そういえば、オオカミに近い犬だけにあると言われる狼爪、まるにもあるんです。チビの癖してオオカミのDNAが濃いのかも……。

初めて見た本格的自然農法の感想

SizenSaien_50040

この写真を見ると、ただの草地?と思えるほどの野の草花と一体となった自然菜園。こんなので(箕浦さんすみません)ちゃんと作物育つのと思ってしまいますよね。自然農法は普通の畑では邪魔物とされる草花の力を利用して、人は少しだけ野菜が優先になるように管理する農法なのです。

ぼうぼうで畑の邪魔をしているように見える雑草も強い根が畑の深いところまで根を張り、やわらかく豊かな土を作ってくれます。クローバーなどは根粒菌というのが根に育ち、空気中の窒素を土の中に取り込みます。肥料を自ら作って、近くの作物に分けるのです。

実際、我が家の一番成長が良いのはブロック脇の草がたくさん生えていたところに作った垣根の下。一部分だけ草を抜いて成長不足気味だったトマトの苗を植えたのですが、とても良く成長しています。

いま注目を集めている、オーガニック(有機農法)も頑張っている農家さんがたくさんいますが、自然農法は有機肥料もほとんど使いません。自然の力にゆだねて作物を育てるのです。もちろん農薬も基本的に使いません。また、2年目からは耕すこともほとんどないそうです。野の草たちが耕してくれるので、そのまま使うのだそうです。

この農園におじゃましてやはり草花が耕してくれた土はすごいなって驚きました。ふかふかで色の濃い柔らかい土の畑でした。

収穫は少し減ると聞きますが、野菜の味に力があるそうです。確かに最初に収穫したラディッシュは一口目が甘く、噛むと辛さがましてくるしっかりした味でした。始めたばかりなので、よくわからないのですが、これからの収穫が楽しみです。

ミントと赤紫蘇、それからよもぎの株を分けていただいたので、急いで帰って水につけるため、お暇いたしました。見学させてくださって、ありがとうございます。次回は軍手と草刈り機もって伺います。またお邪魔します!

【おまけ】地主のお婆ちゃんの畑とふきの思い出

見学した農園のお隣は地主さんのお婆ちゃんがお手入れしていた畑。家族用の作物のようで、きれいに手入れされた畑で、豊かな実りでした。日本の農家さんて、よく働かれます。頭が下がります。

大きな蕗が目を引きました。

次の記事ではいただいた株の植え付けを短くレポートします。お楽しみに!

実は子供の時、近所に群生していたふきを全部収穫して、「お母さんこんなに蕗があったよぉ!」って持って帰ったら、「それどこで取ったん?」と聞かれて、あそこ!って指差したら、「それ校長先生の家で作ったふきじゃない!」と怒られ、一緒に返しに行って、謝ったのをいつも思い出します。

山に行って山菜採りした思い出で、喜んでもらえると思って摘んで来たのです。ま、子供だからしょうがないですね。でも、楽しかったから、蕗見ると今も刈ってしまいたくなります。本当はそれが楽しかった確信犯かも……。

次の記事ではいただいた株の植え付けを短くレポートします。お楽しみに!

 

2015_07_calendar_l7月のまるchanカレンダーもここで撮影。笑顔いっぱいのまるです。
使ってくださいねぇ!